株式会社ソーゴーの持つ特徴とは

住宅設備サービス/リフォーム会社

超高齢社会や少子化問題が深刻化する日本において、住宅などのリフォームが大きな注目を集めています。以前までは当たり前だった二世帯住宅が古いものとなり、新しい家族の形が作られている一方でリフォームだけは旧体制的なものだという指摘もあるほどです。そのため、それをサポートする業者を知ることが求められています。

企業情報について


代表取締役社長である佐藤慶太氏が牽引する株式会社ソーゴーは関東周辺で事業展開をしている企業です。水回りを中心としたリフォーム市場を牽引する住宅設備機器専門商社として、商品の情報提供や取引先のサポートを事業内容としています。1962年に創業しているためノウハウも蓄積しており、これからも注目されている企業のひとつです。

株式会社ソーゴーの強みとして挙げられるのは豊富な商品の取り扱いです。50年以上の歴史と実績を生かして市場環境を分析し、高齢化社会や少子化現象などといった現代日本ならではの問題にアプローチを行います。さらに、流通ルートを短縮化したり円滑化したりすることによって、コストを削減することでなく小口配送にも対応しているため非常に小回りの利いた営業が得意となっているのです。

支援活動について


リフォームを行うためには情報収集力が大切だと言われています。それは市場ニーズというのは常に変化し続けているからです。そのため、どのような需要が存在し、それをどのように供給していくのかをいち早く察知できるだけでなく、そのアイディアをいかにスピーディーに実現へと導いていくのかということを常日頃から考えておく必要があります。そして、そのような力は一朝一夕で身につく物ではありません。

株式会社ソーゴーが行なっているビジネス支援事業は業者が必要な情報提供や提案力の向上、そして、そしてその提案を成功に導く実力を高めるような取り組みが豊富に揃えられています。定期的に発刊されている情報誌はオリジナルにカスタマイズが可能ですし、ユニークなリフォーム商材を毎回ピックアップしてくれるため他社との差別化を図ることができます。工務店などを対象にした研修会も行なっているため、企業としてのスキルアップを見込めるのです。

業界をサポートする存在


住宅設備の情報の取り扱いやサポートを行なっているのが株式会社ソーゴーです。1962年から50年以上のキャリアを持っているため独自のルートを複数持っています。そのため、豊富な商品の取り扱いや納品の迅速さ、対応力のきめ細やかさに定評があるのです。関東一帯を中心に勢力的に活動していることもあって地域特性を把握する力にも優れています。

また、情報収集力についても株式会社ソーゴーは抜きん出ていると言われています。情報誌の発行はオリジナルにカスタマイズすることができますし、定期的にリフォーム商材を提案するなど、業者にとってアドバンテージとなり得る独自性の高いアイディアを生み出します。さらに研修会も行いリフォーム業界全体の底上げも担っているのです。